×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

lisning.html

カタカナ英語で頑張るぞ。

頑張っても聞こえないものは聞こえない。だったらカタカナいやひらがなで良いじゃん。

ディクテーションは効率悪いと言われるが、、、点が伸びないからやるしかない。

わっかないどうふぉーゆー

れっとげといつすたーてぃっど

きゃんげっとんのーざしてぃ

ほわいずよーこ

でっざでぃればり

ビルユースツワークァッタンナカウンティングファーム

Bill used to work to at an accounting firm.

Billusedto worktoata naccounting firm.

キャロルイズインタレスティディンワーキン

crol is interested in working.

crol is interestedin workin(g).



音読できるスピードを速くする

TOEICのナレーターのパート3&4での読み上げ速度は、160-200 wpmくらい自分180 wpmで音読できるようになると、ナレーターの音声がそれほど速く感じなくな
逆に、120 -130 wpmくらいでしか音読できないと、180-200 wpmくらいの音声は明らかに速く感じるので、処理能力が追い付かない
自分で言えないものは聞こえない、といろんな書物に書いてある。しかし、スピードについての記載が無かったような、、、。

あったかもしれないが、自分が勘違いして理解したかも。これからは、これからも、自分の得意技は スピード でいこう!




英語バイリンガル育成プログラム